gnucash の翻訳2008年12月14日

gnucash の ja.po を更新し、gnucash-devel に投げたら、反映された。gnucash 2.2.8 には間にあったかな。

Updated Japanese translation

また、チュートリアルも翻訳中だけど、これはまだ取りかかりだけ。

GnuCash チュートリアル・コンセプト ガイド

gnome.org の CVS が pserver だったころはアカウントを持ってたけど、現在はアカウントを持ってない。そのうちに申請しよう。

追記(1)

GNOME上では帳簿に直接日本語を入力できない、正確にいえば、IMがうまく扱えないというバグがある。コピペすれば入力はできるのだけど。追跡したいけど、なかなか...

18:30 追記(2)

2.2.8がリリースされた

コメント

_ てるりん ― 2009年01月02日 20時20分

GnuCash使ってます。まだ使い方がよくわからないところも多いので、翻訳ぜひぜひ頑張ってください

_ 草野 ― 2009年01月02日 23時20分

ありがとうございます。チュートリアルを読んでみると一部は小切手を使い慣れてることが前提のところがあったりして、若干、日本人向きではないのかなぁ、とは思ってます。
翻訳にあたって簿記の勉強もちょっとやったりしたりしてます。

_ 弥生人 ― 2009年01月05日 02時13分

今年からGnuCashを使うつもりです。
簿記は分かるのですが英語を見ると頭が痛くなるので完全翻訳目指して頑張ってください。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:


コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tkusano.asablo.jp/blog/2008/12/14/4008601/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 日誌 - 2009年01月02日 23時29分

gnucash を使うにあたって、簿記の勉強をちょっとばかりやっている。ここしばらく読んでるのは



で、今日、秋葉のエクセシオールカフェで読みおえた。gnucashを使う前には、



<< 2008/12 >>
01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログパーツ

RSS