GnuCash で家計簿2008年03月21日

家計簿をどうするか考えて、GnuCash を入れてみる。昔、1.x のころに起動したころは使い方がまったくわからなかったけど、2.2.4 の今はわりと使いやすくなっている。

GnuCash は複式簿記の会計ソフトであるが、家庭向けの勘定科目定義もある。初期設定時に、それらを選択して入れる。

Debian GNU/Linux sid で 2.2.4 を入れてみたら、ほぼ問題はないのだが、uim-skk での文字入力の際、変換過程が表示されない。 Bug 403831は 関係あるかと思ったけどWindowsか。

本研の Ubuntu 7.10 で試してみたが、こちらは 2.2.1 で、また、入力手段は SCIM (SKK) なのだが、やはりだめ。 ソースを追ってみるかな。あと、ja.po を更新してみようかしら。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:


コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tkusano.asablo.jp/blog/2008/03/21/2809323/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 日誌 - 2008年12月14日 17時01分

gnucash の ja.po を更新し、gnucash-devel に投げたら、反映された。gnucash 2.2.8 には間にあったかな。

[[Updated Japanese translation:http://thread.gmane.org/gmane.comp.gnome.apps.gnucash.devel/24614]]

また、チュ
<< 2008/03 >>
01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ

RSS