漫画の整理2007年04月15日

本部屋その1

コミックダッシュに登録し始めたことで、蔵書がどの程度あるのか気になってきた。そこで部屋にある本を調べてみました。

バーコードスキャナとSL-C3000

まずは、本の山を崩しつつ、バーコードスキャナと Linux Zaurus (SL-C3000)を使って、本の裏表紙にあるバーコードをスキャンしていきます。バーコードは2段になっているけど、その上の段をスキャンします。このバーコードはJANコードですが、このJANコードから本の識別子であるISBNは導出できます。使うアプリケーションは単なるメモ帳でOK。

その際、バーコードの無い本はよりわけて、一つの山にしておきます。バーコードの無いのは、限定版や特装版など、バーコードが本を包むビニールなどに別になっているもの、わりと古いためにISBNが存在しないもの、ちょっと古いためにISBNはあるけどバーコードは存在しないもの、といったものがあります。これはあとでまとめて処理します。

バーコードをスキャンしてできたISBNのリスト(正確にはJANコードのリスト)を、Perlの Business::ISBNモジュールにある ean_to_isbn() メソッドで、一括して10桁のISBNに変換します。今年になってからISBNは 13桁になりましたが、とりあえず。

次に、コミックダッシュの全所有コミックリストのページの HTML を wget で取得し、適当な自作パーサで、ASIN のリストに変換します。

そして、スキャンして作ったISBN(10桁)のリストと、ASINの差分を作り、まだコミックダッシュに登録してない本のISBNのリストを作り出します。

この「まだ登録してないISBNリスト」を、Alexandriaにインポートし、本のタイトル等の一覧に変換します。

で、「まだ登録してない本のタイトル一覧」を見つつ、ひたすらコミックダッシュに登録していきます。

以上を何度か繰り返したあとは、バーコードの無いコミックのISBNをひたすら手で入力していき、同様に処理します。その後は作品名を直接入力していき、所有コミックのかなりの割合は登録できました。結果、1185シリーズ、2274冊が登録されました。ただ、

などなど、おおよそ170冊ほどが登録できませんでした。さらに今回の発掘調査では発見できなかった蔵書もあるはずです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:


コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tkusano.asablo.jp/blog/2007/04/15/1405835/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ Design My Future - 2007年04月18日 17時21分

普段は夜中に更新してますが、昨晩は今日の英語の予習をやってました。 ・・・中1の頃を思い出しました。(苦笑) 何しろ、今回の英語の担当の先生が、中1〜高1の時に英語を教えてくれて、中2〜高1の時は担任でもあった、ある先生によく似てるので・・・(雰囲気が) だから

_ 日誌 - 2007年11月06日 22時28分

[[本の収納にリスクあり?!:http://allabout.co.jp/family/storage/closeup/CU20071101A/]]という記事を読んだ。ウチは[[漫画の整理:http://tkusano.asablo.jp/blog/2007/04/15/1405835]]という過去のエントリにもあるよ
<< 2007/04 >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ブログパーツ

RSS