Windows 8.1 で Ctrl と Caps Lock を入れ替える2013年11月06日

Ubuntu 13.04 と Windows 8 をデュアルインストールしたASUS ZENBOOK™ Touch UX31A を使っていますが、Windows 8 をWindows 8.1 にアップグレードしました。

これまでも Ctrl キーと Caps キーを入れ替えて使っていたのですが、8.1 にアップグレードしたら元に戻ったので、再度入れ替えることにしました。

  1. Microsoft の Sysinternals から、Ctrl2Cap をダウンロードします
  2. Ctrl2Cap.zip を展開します。どのフォルダに展開したかは覚えておきましょう。
  3. Windows キーを押し、キーボードで cmd と入力して「コマンドプロンプト」のアイコンを表示します
  4. コマンドプロンプトのアイコンにカーソルを合わせ、マウスやトラックパッドの右クリックでメニューを表示して「管理者として実行」を選択
  5. 画面の真ん中に「ユーザーアカウント制御」のダイアログ(だけ)が現れ、「次のプログラムにこのコンピューターへの変更を許可しますか? / プログラム名: Windows コマンドプロセッサ / 確認済みの発行元: Microsoft Windows」と表示されたら、「はい(Y)」を選びます。
  6. コマンドプロンプトが起動したら、先ほど、Ctrl2Cap.zip を展開したフォルダに cd で移動します。たとえば、cd \users\太郎\Downloads\ctrl2cap\ とします。
  7. ctrl2cap /install と実行します。
  8. Windows を再起動します。

これで、ctrl と caps lock キーが入れ替わると思います。

<< 2013/11 >>
01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

RSS