記法(4)2005年03月17日

横罫線

行の先頭から - (ハイフン) を4つ、つなげると横罫線になります。

----

これは

<hr>

つまり、


となります。 なお、4つの - より後に書かれた文字は切り捨てられて、保存されません。

強調

文字をシングルクォート ' を3つ並べたもので囲むと、強調、になります。 斜体、として表示されることが多いです。

'''目立たせたい文字'''

<em>目立たせたい文字</em>

つまり

目立たせたい文字

となります。

より強い強調

文字をシングルクォート ' を2つ並べたもので囲むと、より強い強調、 になります。太字、になることが多いです。

''強調したい文字''

<strong>強調したい文字</strong>

つまり

強調したい文字

となります。

取り消し

パーセント記号 % を2つ連ねたもので文字列を囲むと、その文字列を 「取り消し」たものになります。多くの場合、上に線が引かれます。

%%太陽は地球を中心に回っている%%

とすると

<del>太陽は地球を中心に回っている</del>

つまり

太陽は地球を中心に回っている

となります。

コメント

_ henoheno ― 2005年03月19日 13時11分

横罫線について「4つの - より後に書かれた文字は切り捨てられて、保存されません」とありますが、(PukiWikiと同様に)切捨て保存はされない方がよろしいかと思います。

なぜかといえば、
+ 編集時のテキストと、出力時のHTMLの違いが大きく異なることになります。
-- 編集時に、「HTMLでも罫線として表示してくれるルール」で、罫線を表現する事ができなくなります (---------------------------------- などと書けない、読めない)。これはテキスト編集時の使いやすさにかかわります。厳密に4つのハイフンしか許容されないのであれば、慣れない人はテキスト編集時にいちいち「編集時のテキスト」と「表示されるHTML」の脳内変換をしながら作業をしなければならなくなってしまいます。
+ 3つ以下のハイフンはリスト構造のために使われていますから、それと区別をつけ辛い記法しか許容しないのは混乱の元になると思います。
+ PukiWikiで書いていたテキストを気軽に貼り付けられないじゃありませんか :)

元々のWikiの記法は電子メールでやりとりされている文章をそのまま貼り付けてもほぼ問題なく動くほど、とてもうまく考えられています(英語の世界の話ですが)。PukiWikiはYukiWikiを継承して独自の記法になっていますが、基本的なエッセンスは変わりません。

なお、このようにPukiWikiの記法では「ハイフンによるリスト構造」はネストが絶対に3段までしかできませんが、この制限は深いネストが生じて話がわかり辛くなることを抑制する効果を持っているようです。

_ 草野 ― 2005年03月20日 02時06分

横罫線についてのご指摘感謝します。「切り捨てない」ことに
ついての強い支持材料となりますますね。さっそく、実装を変更し
ます。

なお、//で始まる「コメント」についてはコメントの行ごと消えて
しまうのですが、これもなんとかしようと思います。

_ vaxmips ― 2005年05月19日 01時29分

[強調]と[より強い強調]について、記述例のエスケープが失敗している模様です。

_ 草野 ― 2005年05月19日 12時24分

ご指摘ありがとうございます。
どうやら既存の記事を編集する際の処理に問題があるようです。
とりあえず緊急避難的な的な修正をおこないました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:


コメント:

トラックバック

※トラックバックの受付件数を超えているため、この記事にトラックバックを投稿することができません。

2005/03 >>
01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

RSS