ページのデザイン2005年03月17日

本「番台」のページのデザインを変えました。まず、 バックナンバーへのリンクなど、本文ではないものを「右」に 移動しています。小さな画面などで見る時、本文を表示させる 時にいちいち横にスクロールさせたりしなくても良くするため、 です。また、ウィルコムの携帯PHS端末で表示させた場合には、 メニューが最後のほうにくるので、本文を表示させるのにスクロール させる必要がなくなります。

また、tableを使ってレイアウトしていたのを、CSSのfloatを 使ったものに変更しました。いくつかのブラウザで表示確認しまし たが、Netscape の 4.7 を除いて、ほぼ問題なく見ることができる ようです。Netscape の 4 は標準規格に沿っていない点が多すぎて 対応するのが難しいです。

なお、既にテストを始めていただいている他のかたについては デザインは、まだそのままになっています。現デザインをベースに、 HTMLやCSSを変更できる機能を利用できるようにします。

なお、記事投稿時のプレビュー画面は別のデザインになっています が、これは現在のところ仕様です。

記法(3)2005年03月17日

見出し

記事内部での見出しとして、3つのものが使えます

*大見出し
**中見出し
***小見出し

これは

大見出し

中見出し

小見出し

のようになります。ページ全体の見出しが h1、記事自体の見出しが h2 と してあるため、記事内部での見出しは大中小それぞれが h3、h4、h5 になり ます。

整形済みテキスト

行の先頭に半角の空白が1文字あると、整形済みテキスト、となります。

説明のために、半角の空白を「_」で表現してみますと、

_テキスト
_テキスト2
_テキスト3

テキスト
テキスト2
テキスト3

になります。HTML としては

<pre>
テキスト
テキスト2
テキスト3
</pre>

となります。

引用

行の先頭を > で開始すると、「引用」になります。引用は3レベルまで 重ねることができます。

>テキスト
>- item1
>- item2
>- item3

<blockquote>
<p>テキスト</p>
<ul>
  <li> item1</li>
  <li> item2</li>
  <li> item3</li>
</ul>
</blockquote>

つまり、

テキスト

  • item1
  • item2
  • item3

となります。

記法(4)2005年03月17日

横罫線

行の先頭から - (ハイフン) を4つ、つなげると横罫線になります。

----

これは

<hr>

つまり、


となります。 なお、4つの - より後に書かれた文字は切り捨てられて、保存されません。

強調

文字をシングルクォート ' を3つ並べたもので囲むと、強調、になります。 斜体、として表示されることが多いです。

'''目立たせたい文字'''

<em>目立たせたい文字</em>

つまり

目立たせたい文字

となります。

より強い強調

文字をシングルクォート ' を2つ並べたもので囲むと、より強い強調、 になります。太字、になることが多いです。

''強調したい文字''

<strong>強調したい文字</strong>

つまり

強調したい文字

となります。

取り消し

パーセント記号 % を2つ連ねたもので文字列を囲むと、その文字列を 「取り消し」たものになります。多くの場合、上に線が引かれます。

%%太陽は地球を中心に回っている%%

とすると

<del>太陽は地球を中心に回っている</del>

つまり

太陽は地球を中心に回っている

となります。

2005/03 >>
01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

RSS