会議室いかがですか?2005年03月07日

最初の「ご挨拶」の記事でも触れたのですが、朝日ネットは最初は パソコン通信サービスとして始まりました。

今このブログを見ているであろう皆様がお使いのインターネットというのは、 世界中のコンピュータが主に「TCP/IP」と呼ばれる技術を使って網の目のように 相互に接続しているネットワークです。源流となるものは1960年代から存在 していましたが、日本において普通の人が家庭でも使えるようになってきたのは 90年代の前半からです。

それに対してパソコン通信というのは、中心となる 「ホストコンピュータ」という機械に、ユーザのコンピュータが 電話回線経由等でぶらさがっているような形態のものでした。

そのため、ホストの数だけ独立したネットワークが存在していて、 ほとんどの場合、相互に接続はしていませんでした。そのかわり、 それぞれのネットワークの参加者(ネットワーカー)同士の繋がりは濃く、 あちこちらで独自の世界が構築されていました。

ちなみにパソコン通信は日本では80年代の前半ごろから実験的にいくつかが 稼働しはじめていたようですが、公式に存在できるようになったのは、 通信の自由化が始まった85年からです。

その85年から、企業や、個人やサークルのレベルで開設さ れた草の根ネットワークが多く誕生しました。 朝日ネットも、そういった中で誕生し、「文芸ネット」的な活動や、 「本名居住地公開主義」というポリシーなどから独特の位置にあることが できました。インターネットの今は「本名居住地公開主義」ではありませんが。

さて、そのパソコン通信の会議室、朝日ネットのIDを持っていれば、今でも アクセスできます。

ウェブブラウザで 電子フォーラムのページに アクセスしてみてください。興味のある会議室を見つけたら「ブラウザで入る」を クリックするとIDとパスワードが聞かれますので、入力すると中を見ることが できます。

「ニュースリーダー」と呼ばれるソフト、Windows であれば Outlook Express などにニュースリーダーの機能がありますが、それを使うとより NNTPという方法を使って効率的に会議室のメッセージを読み書きできます。

インターネット時代の今でも活発な会議室がいくつかあります。ぜひ探検して みてください。

まとめてお返事(2)2005年03月07日

takchaboさん:

影羽連盟というブログの名前、灰羽連盟を連想しますが、関係あります? さて、それはともかく、ブログなんかやるようになってネットワークなどの品 質が落ちた、なんてことは言われるようなことはないよう、気を引き締めてま いります。

rainbow7さん:

どうもご無沙汰しております。放火現場で警官と喋っていた草野です。

頻繁な更新が義務のようになって辛くないでしょうか

それほどプレッシャーは無いです。昔からこうやって書くのは好きですし。 昔、草の根BBSでSYSOPやってたころも書いてましたし。

使い易いblogとしての要件に上げていただいた項目のうち、UTF-8対応のこと について書いておきます。多言語対応が重要な課題としてあったのでUTF-8、 というかUnicode対応は避けにくいです。ASAHIネットは日本語以外が母国語、 というお客様が多いですし。

内部的にはUTF-8ですが、一部の端末に対応するために表示系でShift_JISなどへ 対応することも考えてますし、設定次第で変更できるようにはなっていますが、 それをどのように露出すべきか、結構悩ましいのです。3/3のテスト 公開の数日前まではShift_JISで表示するようにしていたのですが……。

ドメインのトップが404になる件、かなり適当ですが、とりあえずダミーを 作りました。

板間さん:

まだ仕様が確定しておらず、また、実装時期についても未定なことも ありますが、開発者の希望としての意見で書いていきます。

・HTML/CSSの直接編集は可能か

現時点ではユーザの方が編集することはできませんが、なんらかの 形で変更できるようにするつもりではいます。

・アクセス解析は搭載されるのか

なんらかの形で搭載したいのですが、アクセスログをどういう基準で 収集し、解析していくのか、悩ましいものがあります。

・ブログのインポート・エクスポート形式は?  ※MovableType形式に対応しているとありがたいのですが。

まだ仕様を確定させておりませんが、参考にさせていただきます。

きゅうさん:

既存の www.asahi-net.or.jp や www.ne.jp などのサーバは、静的コンテンツ に特化したシステムになっているため、現状ではすぐに対応、というのはちょっ と難しいです。

朝日ネットのホームページを3/3にリニューアルしましたが、その際に www.asahi-net.or.jp ではなく asahi-net.jp というホスト名になったのは、 そのあたりも要因にあります。

とはいえ、コメント機能やトラックバックくらいは既存のホームページでも 実装できるのではないか、ということは意見としてありますし、そう考えて ますので、どうなるかはわかりません。

RSS対応はちょっと面倒です。 MAILPIAサービス の「RSSデータ生成」が近いところにありますので、ひょっとしたら、 とは思います。

温泉大好きさん:

ホームページの容量は最近は100MBだと多い、ってほどでも無いでしょうね。 増やすことができれば良いのですが、どうでしょう>ストレージ担当者

また、スパムブロックのインターフェイスの負荷の問題についてもご迷惑を かけております。担当者も開発元といろいろやりとりをしておりますが、 なんとか改善していきます。

萌絵コさん:

ブクログの紹介ありがとうございます。連想するのは、増井さんの 本棚.orgです。

音ログもそうですが、本や音楽といったモノへの評価を横断的に チェックできるというのは面白いですね。最近の流行り言葉である フォークソノミーも、そういったシステムの延長にあるのでしょうね。

2005/03 >>
01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

RSS