ご挨拶2005年03月03日

 アサブロはじめます。

 朝日ネットでもブログサービスどう?なんて話が出たのはわりに前の ことなのですが、ここまで来るのにだいぶ時間が経ってしまいました。

 朝日ネットでやらなくても他にいくらでも良いブログサービスがある じゃない、という声もありました。実際、朝日ネットをお使いの方の中には 他のブログサービスや、自宅サーバなどでブログを開いている方もおいで でしょう。

 私自身にしても、自分で適当なプログラムを作って、 朝日ネットの自分のホームページ上において、前世紀から ブログのようなもの をやっておりました。

 じゃあ今さらなぜ、朝日ネットがブログサービスに手を出すのか。 一つには多くのお客様からのご要望があったというのがあります。

 そしてその上で、ブログに関連する技術的な要素や社会的状況が朝日ネットの理念である「交流と創造」を実現するのに役立つのではないか、 と考えたのです。


 沿革にもありますが、 朝日ネットは1988年に開設されたパソコン通信サービス 「ASAHIパソコンネット」が源流としてあります。パソコン通信とは何か、 といった話はここでは省略しますが、パソコン通信サービス上では 多くの「会議室」というものが存在しています。

 この会議室等を舞台に多くの交流があり、様々なものが創造されてきて います。人と人とを媒介するためのメディアとして朝日ネットは 生まれました。

 なお、昔からのネットワーカー以外にはあまり知られていないのかも しれませんが、この会議室は今でも運用されています。朝日ネットの アカウントをお持ちであれば、今すぐにでもインターネットから参加する ことができます。


 さて、インターネット時代になり、朝日ネットはISPとしての顔が中心に なってきました。創業スタッフがパソコン通信サービス用に開発した システムが、実は最初からインターネット時代を見越して作られていた、 ということもあり、インターネットへの対応は早くから可能であった というのも幸いしています。

 そして、接続手段の高速化、定額化、大容量化に対応するべく、 多くの力を注いで参りました。おかげさまで、朝日ネットはISPとして 高い評価を頂いております。


 ブロードバンド時代の今、本来のメディアとしての役割にも、 朝日ネットはあらためて取り組めないだろうか。そんなことを考えつつ、 アサブロをはじめます。

 このアサブロ、残念ながらまだ実験的な段階です。機能的にも かなりシンプルなものですし、安定性にしてもまだ多くの方に 参加していただく状況ではないかもしれません。 モニターを募集してのβテストについては4月の下旬を目標としています。

 それでは皆様、よろしくお願いいたします。

2005/03 >>
01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

RSS